スワップ積立 収入源 月次レポート

よったの月次収益「スワップ積立」の19年6月実績は「17,510円」でした

 

こんにちは、よった です。

 

ひとこと:グランツーリスモ・スポーツでトップクラスの方のタイムを見ると軽く絶望します。

 

以下、月次レポートです!

 

スワップ積立 5月の実績

 

「17,510円」でした。

 

トルコリラのみとなって2ヶ月目となりますが、前月より4,000円ほど少なくなりました。

1日あたりの付与ポイントが減少したこともあり、下記のように合計付与ポイントが大幅に減少しているためです。

SBI FX       5月:2,595    → 6月:2,137

LIGHT FX  5月:3,280    → 6月:2,620

※数字は、一万通貨あたりの付与ポイント(円)

 

相変わらず LIGHT FX 優位な状況で、保有通貨数が少ないにも関わらず、利益が大きいです。

そのため、LIGHT FX にまとめようと考えているのですが、含み損が解消されてから実施する予定です。

 

時価についてはかなり改善してきているので、近々のプラ転を期待しています。推移については以下をご参照ください。

 

 

月別

数ヶ月分のデータが溜まり、グラフとして見れるようになってきたので、今回から「累積スワップ」、「評価損益」、「時価」を掲載します。

ただし、トルコリラ円のみのデータとなっており、運用を止めた豪ドル分の数字は除外しています。

 

状況としては、3月〜4月で大きくレートが下がったことで一気にマイナス圏に入ってしまいましたが、利益の積み上げ+レート上昇により徐々に回復してきています。

 

 

blank

 

 

運用方針について

以下の関係で積み立てます。

トルコリラ円(TRY/JPN)      10 : 1 (入金およびスワップ利益が10,000円なら1,000通貨)

 

リスクと利益率のバランスを考慮しての比率です。

ロスカットレートはかなり下になっていますが絶対安心とは言えないところです。

 

なお、SBI FX は 1通貨単位で積立可能なため、得られたスワップ利益を再投資して随時積立(チマチマスワップ)しています。

わずかずつですが、日々のスワップ利益が大きくなっていってます♪

 

 

 

スワップ積立について

概要

まず、「スワップ」とはFXの運用で発生する損益のひとつです。

 

ペアとなる2通貨の金利差によって生じるもので、

売買による決済損益とは異なり、通貨ペアを保有しているだけでほぼ毎日発生します。

 

「保有通貨数 × スワップポイント = スワップによる利益」となりますが、

スワップポイントは通貨ペアごとに異なり、売りポジションか買いポジションかによってプラスだったりマイナスだったりします。また、日によって変動もします。

下図はその一例です。

blank

 

 

もちろん、保有している通貨が多ければ多いほど損益は大きくなります。

例えばある日のトルコリラ円のスワップポイントが「0.0117」だった場合、損益は下記のようになります。

保有数:30,000   × 0.0117 = プラス351円

保有数:300,000 × 0.0117 = プラス3,510円

 

このスワップによる収益を積み重ねていくのが「スワップ積立」となります。

 

売買を繰り返すことに比べると大きな収益は望めない分、楽な気持ちで運用できます(^_^)

 

どうやるの?

大きくは以下の流れになります。

1.スワップ積立を行う口座を開設する

2.運用資金を入金する

3.ポジションを取る(通貨ペアを買う or 売る)

4.ポジションを増やしていく

 

1.スワップ積立を行う口座を開設する

証券会社の口座を開設します。「スワップ積立」用のサービスが用意されているワケではなく、FXの取引ができる口座でオーケーです。

 

会社によって、同じ通貨ペアでもスワップポイントが異なったり、そもそも取り扱い通貨が異なるなどといった特徴がありますので自分に合ったところを選ぶとよいでしょう。

 

ちなみに私は LIGHT FX とSBI FX でトルコリラ円の積立を行なっていますが、得られるスワップが高く安定していることから LIGHT FX に統合することを予定しています。

トレイダーズ証券【LIGHT FX】

 

なお、豪ドルの運用も行なっていましたが、利益率が低いのと、自動売買FXに統合した方が良さそうなことからやめてしまいました。

 

 

2.運用資金を入金する

口座開設できたら、運用資金を入金します。

 

余力資金でやるべきですが、30万円くらいはあったほうがいいと思います。

私も30万円の資金でトルコリラ円の運用を開始しましたが、1週間で約2,000円のスワップ利益となっています。

これくらいはないと物足りないでしょう?

 

 

3.ポジションを取る

様々な通貨ペアがあり、スワップポイントも様々ですが、高スワップで人気なのは下記の4つになるようです。

 

右側の記述は、資金に対してどれくらいの通貨を入手するかの、私の目安です。

今はトルコリラ円のみの運用となりますので他については記述していません。

同じ資金で通貨数を多くすると利益率が上がる反面、ロスカットしやすくなりますので注意が必要です。

トルコリラ円(TRY/JPN)      10 : 1 (10,000円なら1,000通貨)

南アフリカランド円(ZAR/JPN)

メキシコペソ円(MXN/JPN)

豪ドル円(AUD/JPN)

 

 

4.ポジションを増やしていく

より大きな収益を得るために保有ポジションを増やしていきますが、そのためには運用資金を増やす必要があり、以下のようなやり方があります。もちろん併用もできます。

■毎月決まった額を追加する

相場を意識せず淡々と積み立てるやり方です。自動でやってくれるサービスもありますのでほったらかしでの運用も実現できますね。

 

■随時追加する

自分のタイミングで追加するやり方です。相場を読むことができれば安い時に買うといった具合に利益率を上がることができるでしょう。

 

■スワップ積立による利益を使う

外から追加することなく、スワップ積立で増えた資金を使います。複利効果というやつですね。

 

 

最後に

スワップ積立についてもやはりロスカットの可能性からは逃れられません。

投資は自己責任となりますので余裕資金でやりましょう!

 

ではでは

 

blank

-スワップ積立, 収入源, 月次レポート

Copyright© 快適 不労所得生活 , 2020 All Rights Reserved.