くりっく株365 月次レポート

よったの月次収益「くりっく株365」の18年10月実績は「13,676円」でした

2018年11月2日

放置系の投資「くりっく株365」の月次収益です。

 

実績

 

18年10月は「13,676円」でした。

受け取れる配当額が支払う金利を上回り、利益を得ることができました!

10月は利確はしていませんので決済損益はありません。

 

買いポジションの場合、相場が下落するとロスカットする可能性がありますので、

現在は証拠金15〜20万円あたり1枚までを目安として運用しています。証拠金が100万円なら5〜6枚までにしておくということです。

今のところ500%以上の有効比率がありますのでロスカット(有効比率100%以下)まではかなり余裕があると考えています。

ちなみにいくらになるとロスカットするかの計算方法は下記となります。

ロスカットまでの値幅 =(有効証拠金額-必要証拠金額)÷保有数量÷100

ロスカットするレート = 買い気配レート-ロスカットまでの値幅

 

■月別

 

くりっく株365は月ごとに大きく配当額が異なりますが、10月はどちらかというと少ない方です。

 

昨年実績を見る限り、11月は期待できそうです!

 

 

 

 

くりっく株365について

 

「東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引の愛称」だそうですがこの文言ではさっぱりわかりませんね。

 

簡単に言うと、日経225、NYダウ、DAX、FTSE100といった株価指数と言われるものを売買することで利益をあげることができるものです。

各国の個別株の集合を取引するイメージです。

また、売買による決済差益だけではなく、買いポジションを保有しているだけで配当が受け取れるのが魅力です。

FTSE100なら今のところ毎週配当があります♪

 

反対に、金利は毎日払わなきゃいけないのですが、いまのところトータルでは配当が上回っているので何もしなくてもお金が増えていく状態を作り出せています。

 

実際の取引は1枚、2枚という単位で売買するのですが、枚数を増やしすぎると下落によるロスカットのリスクが高くなります。

そのため、「1枚あたり証拠金○○円以上」みたいな目安を作って購入するのがよいと思います。配当で○○円以上お金が増えたら1枚追加するというやり方で増やしていくこともできます。

ちなみに私は1枚あたり15〜20万円くらいでやっています。

 

なお、この商品に限ったことではありませんが、必ず増える訳ではなく、損切りや相場の急変によるロスカットなどによってお金が減ってしまうこともありえます。また、ロスカットが間に合わないほどの急変の場合は全て無くなってしまったり、借金になってしまう、といったリスクもあります。

 

いずれにしても投資は自己責任です。余裕資金でやりましょう。

 

ではでは

-くりっく株365, 月次レポート

Copyright© 快適 不労所得生活 , 2020 All Rights Reserved.