トライオートFX 収入源 週次レポート

よったの収入源「トライオート FX」19年7月1日週は「62,859円」でした

2019年7月7日

 

こんにちは、よった です。

 

ひとこと:FP3級の過去問やってみたけど、全国民に必要な知識じゃないかな、これ。

 

以下、週次レポートです。

 

 

この週の実績

 

「62,859円」でした。

 

(↑今週 ↓前週)

 

 

3万円前後の実績が7週くらい続いていましたが、ようやくひとつ突き抜けました!

決済回数も大幅に増えていることが見て取れます。

 

個別では、EUR/AUDがこれまでと変わらないペースで決済されています。

どちらかというとマイナーな通貨ペアだと思うのですが、私の運用では主力級の活躍です。

 

あとは金曜日の米国雇用統計によって米ドルが上昇したため、「EUR/USD売り」、「AUD/USD売り」、「USD/JPY買い」が伸びました。

AUDも上昇してくれればさらによかったのですが、これについては望み叶わずです。

 

なお、週別の欄に詳細を記載していますが、前週激減した含み損がさらに激減しています(^_^)

 

 

 

発生スワップ

毎日朝方に付与されるスワップ損益です。

発生スワップは証拠金に充当され、課税対象にもなることから、本来は決済分のスワップではなく、発生スワップを実績とするべきと気づいたのですが、今から整合をとるのが難しいため、記載の変更を保留しています。

ちなみに、発生スワップで集計すると、例えば6月の実績(約11万円)も、約17万円になります。

 

さて、今週もなかなかの金額です!

ただし、決済が進むことにより保有建玉が減っていることなどから、前週までと比較すると若干少なくなっています。

(建玉が減るのは悪いことではなく、むしろ良いことです。)

 

 

blank

 

blank

 

 

それにしても発生スワップは実質的に利益をかなり押し上げています。プラススワップにこだわってきた結果です。

トライオートFXは「売買&スワップ積立」としての運用が良いですね。

 

 

 

この週の実績を生み出した設定

証拠金預託額:約916万円(未決済スワップ分を含む)

blank

 

5/21から、自動売買設定を利用した運用を止め、完全に手動でのトラリピ運用を始めました。

理由等は コチラ に記載しています。

 

なお、レンジを決めずに注文の稼働状態をコントロールする運用方法「ラインコントロール」は手動トラリピでも同じです

 

ちなみに、「トラップ幅」や「1注文あたりの数量」を調整すれば少ない運用資金で運用することも可能です。

例えば 1注文あたりの数量を全て1kにすれば5分の1の運用資金(証拠金預託額)で回せる計算になります。

 

 

お気に入りの設定

「AUD/JPY買い」と「AUD/USD売り」の擬似両建てが良いかんじです。

この2つは同じように動くことが多く、ともにプラススワップなので運用しやすいです。

 

今週は豪ドルが大きく下がりましたが、「AUD/JPY買い」の反面である「AUD/USD売り」がしっかり決済されています。

 

 

スリッページ対策

相場急変時などに、「指定と全然違う価格で約定する」、「複数の建玉が同じ価格になってしまっている」・・・といった注文が滑る現象(スリッページ)、よく発生しているかと思います。

19/1/3のフラッシュクラッシュが極端な例ですが、暴騰暴落しないときでも、例えば月曜日のオープン時や指標発表時にスプレッドが拡大することでスリッページが発生することがあります。

米国雇用統計発表時にはほとんどの通貨ペアのスプレッドが一時的に「50pips」にもなっていたため、かなり大きく滑っていました。

 

こういったことを防止できないか、コチラを始め、あれこれ試した結果、ひとつの回答を得られました。

6月最終日よりそれに基づく運用を開始しています。

 

さっそく利益も上がり、スリッページ防止もできているのですが、一部慣れない仕組みがあり、レポート化に時間がかかっています。

 

 

 

週ごと・月ごとの実績

週別(過去5週)

さらに含み損が減少しました!

前週は40万円以上減りましたが、今週はそこから30万円以上減少しています。

 

また、週あたりの利益も大きくなっていることもあり、時価が大きく改善しています。

 

blank

 

 

blank

 

 

なお、下記の点から評価損益の上下についてはあまり心配はしていません。

・相場は上下するもの。

・着々と利益が積み上がっている。

・確定損失は発生していない。(過去の、設定や操作のミスによる損切りを除く)

プラススワップ方向のみの運用であるため証拠金が減っていくようなことは無く、むしろ増えていく(日々の発生スワップ)。

 

 

 

ラインコントロール分のみだと・・

全体と同じような傾向ですが、利益率が上回っています。

 

blank

 

 

 

月別

評価損益に関するデータが溜まり、グラフとして見られるようになってきたので「累計利益」、「評価損益」、「時価」を掲載します。

 

こうしてみると、2月は一時的にそれまでの利益を失っていましたね(苦笑)

 

blank

 

 

blank

 

 

 

以上、今週のレポートでした。

 

トライオート FXについて

トライオート

 

概要

インヴァスト証券が提供するFXの自動売買です。

 

元本を入れ、売買設定を行って稼働させると後は自動的に取り引きをし続けてくれます。

資金があり、設定が良ければ「遊んでいても寝ていてもお金が増えていく」ということも実現可能です。

 

私が始めて5ヶ月で利益率が約17%、このペースで一年続いたとしたら年率51%??

100万円が1年で150万円ほどになる計算です!

 

ものすごいですね。

普通預金の金利が「年0.001%」くらいでしたっけ。一年預けて100万円が1,000,010円?比較になりませんね。

 

簡単?

 

簡単に始めることもできます。

 

「自動売買セレクト」という、自分の運用資金に合わせて簡単に設定できる仕組みがあり、すぐに始められます。

 

●自動売買セレクト

下図右上の資産配分を数値を変更すると、その下の推奨証拠金の数値も変わるのですが、この数値を入金した資金以下になるようにして注文を確定すると運用開始されます。細かい設定を考える必要はありません。

入金した資金よりも推奨証拠金が小さくなればなるほどリスクも減ります。

blank

 

 

●その他の設定

自動売買セレクト以外にも設定方法があり、他の証券会社の商品と比較してもかなり細かい設定できます。

 

blank

 

これは難しいですが、自分好みの設定を作れ、うまくハマれば大きな利益を得ることもできます。

しばらくは自動売買セレクトで運用し、仕組みがわかってきたら使うと良いでしょう。私もそうしました。

 

なお、相場と設定がズレると利確しなくなるので設定の見直しや変更は必要です。

 

注意

この商品に限ったことではありませんが、必ず増える訳ではなく、損切りや相場の急変によるロスカットなどによってお金が減ってしまうこともありえます。また、ロスカットが間に合わないほどの急変の場合は全て無くなってしまったり、借金になってしまう、といったリスクもあります。

 

いずれにしても投資は自己責任です。余裕資金でやりましょう。

 

ではでは

トライオート

blank

-トライオートFX, 収入源, 週次レポート

Copyright© 快適 不労所得生活 , 2020 All Rights Reserved.