くりっく株365 収入源 週次レポート

よったの収入源「くりっく株365」19年5月20日週は「-704円」でした

 

こんにちは、よった です。

 

大きな話題になっているようですが、くりっく株365は1年ごとに強制決済される商品になってしまうようですね。

 

強制決済による損切りリスクや、その後の乗り換え時の手数料の発生などを考えると、「長期保有してインカムゲインを得続ける」という運用は難しくなります。

もっとも、そうした運用が多いことによる流動性の低下などの対策として今回の変更があるようですが。

 

私としては、CFDの長期保有運用を終了し、他の投資商品へ資金を回そうと考えています。

もちろん現在の含み損が解消されてからと考えているのでしばらく先になると思いますが。

 

他の方のようにGMOクリック証券の店頭CFDに乗り換えるということも考えましたが、配当(価格調整額)が年4回ではちょっと面白くないですし、店頭CFDの流動性が低下して強制決済されるようになったりするとイヤなので。(そういうことにはならない商品なのかもしれませんが。)

 

というわけで運用終了までとなりますが、以下、週次レポートです。

 

 

この週の実績

 

「-704円」でした。

ひさびさのマイナスです。

支払い金利が配当を超えてしまいました。

 

長期運用ではこういう週もあるのはしかたないですね。

今月はあと一回配当があると思いますので、それに期待しています。

 

 

FTSE100 相場

商品変更の発表が影響しているのでしょうか、大きく下がってしまいました。

今後どうなるか心配です。

 

 

週ごと・月ごとの実績

週ごと(過去5週)

金利・配当額がマイナスとなりましたが、評価損も大きく膨らんでいます。

レートの上昇を待つしかないのが歯がゆいところです。

 

blank

 

 

月ごと

blank

 

 

FTSE100 金利・配当額(1枚あたりの配当から金利を引いた金額)

現時点で前年同月を超えていますが、残りの配当・金利次第では落ちてしまうことをありえます。

blank

 

 

くりっく株365について

 

概要

「東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引の愛称」だそうですがこの文言ではさっぱりわかりませんね。

 

簡単に言うと、日経225、NYダウ、DAX、FTSE100といった株価指数と言われるものを売買することで利益をあげることができるものです。

各国の個別株の集合を取引するイメージです。

また、売買による決済差益だけではなく、買いポジションを保有しているだけで配当が受け取れるのが魅力です。

 

FTSE100なら今のところ毎週配当があります♪

 

反対に、金利は毎日払わなきゃいけないのですが、いまのところトータルでは配当が上回っているので何もしなくてもお金が増えていく状態を作り出せています。

 

実際の取引は?

1枚、2枚という単位で売買するのですが、枚数を増やしすぎると下落によるロスカットのリスクが高くなります。

そのため、「1枚あたり証拠金○○円以上」みたいな目安を作って購入するのがよいと思います。配当で○○円以上お金が増えたら1枚追加するというやり方で増やしていくこともできます。

ちなみに私は1枚あたり15〜20万円くらいでやっています。

 

取り扱い業者

くりっく株365を取り扱う業者は多数ありますが、

私は、不労所得の主力である トライオートFX を提供しているインヴァスト証券のサービスを利用しています。

トライオートFXの口座があり、簡単に追加できたから・・・という理由だけです。

 

手数料や使用できるツールが業者によって異なるようなので、これから始める方は比較検討したほうがいいかもしれませんね。

私も余裕ができたら比較検証などやっていきたいと考えています。

 

注意

この商品に限ったことではありませんが、必ず増える訳ではなく、損切りや相場の急変によるロスカットなどによってお金が減ってしまうこともありえます。また、ロスカットが間に合わないほどの急変の場合は全て無くなってしまったり、借金になってしまう、といったリスクもあります。

 

いずれにしても投資は自己責任です。余裕資金でやりましょう。

 

ではでは

blank

-くりっく株365, 収入源, 週次レポート

Copyright© 快適 不労所得生活 , 2020 All Rights Reserved.